汗に伴う皮膚病

《汗に伴う皮膚病》

夏は高温多湿となるため、さまざまな感染症が増加します。例えば、子供のとびひ、水虫などです。さらに汗をかきやすく、多汗症の方にとっては嫌な季節となります。また薄着になって虫刺されやかぶれが多くなります。とはいえ、子供たちにとっては海水浴ができる大好きな季節です。でも海水浴でひどい日焼け、クラゲなどのトラブルを経験した方も少なくないのでは? 今回はまだ紹介していなかった汗に伴う皮膚病についてのお話です。
※多汗症、多汗症のボトックス治療、制汗剤などを参照してください。

1.あせも(汗疹:millia)
汗疹、汗貯留症候群と呼ばれています。何らかの影響で汗を排出する管(汗管)がつまり、破裂してできます。高温の環境下に長時間いたり、発汗量の多い小児に発生しやすいと言われます。涼しいところにいるだけで自然と治まりますが、発汗を抑えるカラミンローション(収れん、保護、乾燥作用)などをつけると効果的です。その他にも炎症が強いとき(紅色汗疹、汗疹性湿疹)にはマイルドなステロイド剤(例:ロコイドクリーム)を使う場合もあります。

また二次感染をおこしたものは「あせものより」といい、正式には多発性汗腺膿瘍と呼ばれます。この場合、抗生物質の内服が必要になります。あせもの予防には、高温多湿の環境を避け、通気性・吸水性のよい衣服(綿のものなど)を着せ、激しく汗をかく運動を避けることなどが言われています。しかしこれでは、「夏はクーラーの効いた部屋でおとなしくしてなさい」ということになりますね。せっかくの夏を楽しむことができません。ですので、とりあえずは汗をかき過ぎたらシャワーを浴び、よく水分を拭くだけで 十分だと思います。そして、時には少し高温浴や長湯、最近流行りの岩盤浴などでしっかりと汗をかいて汗管を十分に開いてやることも大切でしょう。

またベビーパウダーを赤ちゃんに使う方もいらっしゃいますが、ベビーパウダーの一部に乾燥成分として含まれるケイ酸マグネシウム水和物は、赤ちゃんが吸入すると呼吸器合併症などを引き起こす可能性があるとも言われており、おすすめできません。あせもであっても、治りが悪い場合はおでき(あせものより)や、とびひの原因となることがありますので、早めの治療が必要 です。

2.金属によるかぶれ(接触性皮膚炎:Contact dermatitis)
冬には何でもないのに、夏になると何故か腕時計やネックレスの金属に密着する部分の皮膚が痒くなったり、その部分に赤いブツブツが出てきた経験はありませんか? これは夏になって汗をかくことにより、汗の水分によって金属がイオン化して流出しやすくなることや、皮膚の角質が汗でふやけてバリア機構が弱まって物質の透過性が高まるために生じます。
 
また下腹部(へその下あたり)にできた湿疹を放置しておいたり、引掻くのを繰り返したりすることによって、茶色い色素沈着とともに皮膚がゴワゾワして硬くなってきてしまっている方もいます。これはジーンズのボタン金具やベルトのバックルが原因となったり、ピチッとした服装のために蒸れて汗がたまることも一因となります。このような湿疹病変には、症状に応じたステロイド外用剤を使用するとともに、金属部分の少ない腕時計に変更し緩めにはめる、ボタンをプラスチック製など他の素材へ変更する、時に風通しをよくして皮膚を乾燥させるなどの工夫も必要です。

3.アトピー性皮膚炎(Atopic dermatitis:AD)の増悪
アトピー性皮膚炎(AD)の方の中には、夏の汗をかく時期になると悪くなる方が少なからずおられます。これは体温が上がって痒みを強く感じて引掻いて悪くしてしまうだけではなく、汗にともなって上述の「あせも」から湿疹へ変化するものが混じったり、汗によってダニの死骸や糞、ホコリなども皮膚へ吸収されやすくなるためだと思われます。

元々、ADの方では汗が溜まりやすい首周り、肘の内側、手首、膝の裏などが特に悪くなっていることが少なからずあることからも、汗の関与が伺われます。大雑把に言えば、ADはいろいろなアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)を持った方が、敏感肌(乾燥肌)があるために、種々の物質が皮膚へ浸透しやすい状況にあります。そこにアレルギーやかぶれを起こしやすい物質が周囲(環境)に豊富にあることなどが揃うと、発症してゆくものと考えられます。

乳幼児期には食べ物の影響も少なくありませんが、2~3歳を過ぎて腸管がしっかりしてくると次第に食べ物の影響はなくなり、入れ替わるようにダニやホコリなど環境抗原に反応する子供が急激に増加します。普通の社会生活を送っている以上、完全にダニやホコリを遮断した生活は不可能ですから、良い時があったり悪い時があったりと、その症状の程度に波があってもおかしくありません。良いほうに針が振れるのは、いくら振れてくれてもよいのですが、悪くなり始めには早めに薬を使って抑え込みましょう。そして症状が落ち着くにつれて薬を弱め、ほとんどをスキンケアだけで維持できればよいのではないでしょうか?
 
最小限の薬で少しでも良い症状を長く維持するためにも、たとえ症状が軽くても日々のスキンケアを欠かさないことが重要です。皮膚を清潔に保つ(汚れは落とすが、皮膚の脂は落としすぎない、あるいは補う)、汗をかいたら可能ならば速やかに洗い流して保湿剤で保護をする、充分な睡眠や掃除などで清潔な生活環境を整える、などです。

抗アレルギー剤などの内服薬はあくまでも外用剤の補助的役割にすぎません。痒いという感情は嫌な感情ですから、内服して軽くなるのであれば良いし、あるいは引掻くという行為によって症状が悪循環を起こす方にとっては、内服することによって無意識に引掻く行為が抑制されるので良いし、さらには内服を併用することによってステロイド外用剤の使用量が減るのであれば意味があるのです。現在の抗アレルギー剤を内服してもADの痒みの全てが抑えられるわけではありませんから、個々で試して自分にとって意義のある抗アレルギー剤を手持ちとして確保しておくのも良いかも知れません。

4.汗管嚢(のう)胞(hidrocystoma)
夏の暑くて汗が多い時期だけ、目の周りを中心に出てくるぶつぶつです。顔 面の特に目のまわりに多発することが多く、大きさが2~3mmの半透明の結節で、夏(7~9月)の汗が多くなる時期には顕著化しますが、冬の涼しい時期にはほとんど自然に消失してしまいます。実際には汗の貯留によって真皮内の汗管が拡張・のう腫化したもので、本当の腫瘍とは異なります。

正確な発症頻度はわかりませんが、実際に皮膚科を開業して多くの患者さんと接するようになると、決して稀なもではないことがわかりました。以前は「涼しくなれば 自然によくなるのだから、我慢を…」と言うことしか出来ませんでした。しかし多汗症に興味を持っていろいろな外用剤を調べている時に、「1%硫酸アトロピン」という抗コリン剤の使用では「眩しい」などの視覚調節障害が起きてしまう患者さんでも、その他の抗コリン剤では大丈夫という方もおられ、外用するだけで発汗量とともにブツブツの出現も抑えられる患者さんも確実におられるということがわかりました。
現実に顔に多くのブツブツがあるというのは、 ご本人にとっては自然に消えるとわかってはいても決して気持ちの良いものではありません。このような症状のある方は是非試してみてはいかがでしょうか? また、更年期後半の女性にこうした症状が多いようで、更年期障害のマイルドな治療としてプラセンタ注射や漢方薬を併用すると調子が良い方もおられます。